『人生の「物語」を聴く人』っていうのは、何?

しらゆりはカラーセラピストとして、『人生の「物語」を聴く人』というキャッチコピーをつけて活動をはじめることにしました。

『人生の「物語」を聴く人』っていうのは、何?って感じですよね。

 

先月、私は『傾聴のコツ』という本を読みました。

その2章に『傾聴とは、相手の「物語」を受け入れること』とありました。

『相手の「物語」』って、素敵な言葉だなと感じたのです。

 

人には、それぞれの「物語」があって、一人ひとり懸命に生きています。

私には、私の「物語」が。

あたなには、あなたの「物語」を紡ぎながら生きているはずです。

 

カラーセラピーでは、色のメッセージをお伝えしたあとに、感じたことや思ったことをお話して頂いています。

その言葉に耳を傾けて「聴く」。これが、セラピストが行う最も大切なことなんだと、私は思っています。

 

ちゃんと自分の話が伝わっているな。聴いてもらえたなと感じた時って、心がスッキリしませんか?

満たされた気分になったり、晴れやかな気分になったり。

そんな感覚を味わってもらうのも、カラーセラピーの役割の一つ。

 

だから、カラーセラピーのセッションでは、あなたの「物語」を聴くことに、力を注ぎますね。

 

私が『人生の「物語」を聴く人』というキャッチコピーをつけたのは、あなたの「物語」を聴くことに、力を注ぎますよという思いのあらわれでした♪

 

しらゆり